★ブログ記事をお引越ししました。自動で転送されます。★

 

「ダウントンアビー」シーズン1の
ブルーレイがこの8月に発売になりますね。



ダウントン・アビー ブルーレイBOX


「トンイ」の後に始まったので
最初は習慣&惰性で見始めたのですが

あまりのおもしろさに
いつのまにか日曜の夜が来るのが楽しみに…



と思ったら、ファーストシーズンは
第7話で最終話なんですね…

あと2話じゃないですか…(泣)


うちはスターチャンネルは加入してないので
この続きは地上波待ちですが
それまではブルーレイをじっくり見て
楽しむしかないですね。




で、本題なのですが
ちょっと前にダウントンアビーを見ていて
丹毒(たんどく)」という病気が出てきました。


結果的には、丹毒ではなく
アレルギーだったんですが


いっつもやりこめられている先代伯爵夫人が
「それはヘンルーダアレルギーよ!」とドヤ顔で
言うシーンが面白かったですねwww。



で「丹毒」とか
ヘンルーダアレルギー」ってなんだ?
と思って、気になったので調べてみました。



丹毒」というのは、
菌の感染によって起こる
皮膚の化膿性炎症なんだそうです。

症状がひどいと熱が出たりもするんだそうですよ。


皮膚の浅いところで起こるのを
「丹毒」と呼ぶ一方で
深いところで起こるのを
蜂窩織炎(ほうかしきえん)」と呼ぶんだそうで…


余談ですが、私は昔「蜂窩織炎」で
あわや入院になったことがありまして。


膝の奥深いところがしこりみたいに腫れあがって
熱を持って痛くて歩けなくなってきたぁ〜と思ったら
近くのリンパ節が腫れて熱が出て、えらいことに…


皮膚やお肉の下の方で腫れているので
外からは何にも処置ができず

毎日ひたすら抗生剤の点滴で
すごく痛くて辛かった思い出があります。


なので、抗生物質など普及していなかった
一昔前の人にとっては
「丹毒」というのはけっこう治りにくくて
手ごわい病気だったかもしれませんね。



一方「ヘンルーダ」というのは
ミカン科の多年草で
昔は薬草として使われていた植物だそうです。


抽出されたオイルは香料として
害虫の防虫剤や猫の忌避剤に

乾燥物は薬草として、止血薬、駆虫薬、
てんかん薬や通経薬として用いられてきたとか。


ただ、オイルは皮膚刺激性があったり
乾燥物は流産を誘発するような危険な面があり
現在では人体には用いられないようです。
(特に妊婦さんには禁忌)



ということで
モールズリーさんは意外に敏感肌だったんだ
ということで…(笑)。


おやかましゅうございました♪

(↑『いっぷく!』のハコちゃんのこのセリフ
一回言ってみたかったんです。
今年の流行語大賞取らないかな〜(笑))



⇒ 2014年8月6日発売予定の
ダウントン・アビー ブルーレイBOXの詳細はこちら









 

JUGEMテーマ:今日のキーワード