『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』で紹介された、『ZenPasta(ゼンパスタ)』

「Zen(禅)」とか言うと、小難しく感じるんですが、早い話が、日本製の『コンニャク麺』



カロリーは、麺100gにつき、わずか6kcal、通常のパスタに比べて 25分の1。

しかも、こんにゃくの食物繊維が、腸をいい感じにお掃除してくれそうですよね♪

って、いいことばっかり書きましたが、実は、私はコンニャク麺が苦手。

でも、この『ゼンパスタ』は乾燥麺で、食感が日本のスーパーで売っているコンニャクラーメンみたいな麺とは全然違うんだそうです。

私は先週から、夜だけ炭水化物抜きダイエットを始めたんですが、正直、ちょっとしんどくなってきまして・・・
(まだ1週間たったとこなんですが早くも・・・www)

パスタって、炭水化物がすごく多いから、『夜だけ炭水化物抜きダイエット』中は、晩御飯に食べられないんです。

でも、食べたくなるんですよね〜。

なので、ダイエット中だけど、夜にパスタを食べたいな〜、我慢できないよ〜、って時に、すごくいいかも・・・


ゼンパスタ日本向けパック(乾燥しらたき)
ダイエットこんにゃくラーメン ・こんにゃくパスタ18食



ただし、商品ページを見たら、コンニャク麺を凝固するために水あめが使われているので、シビアな糖質制限ダイエットをしている方は、ちょっと注意が必要かもしれませんよ。
(ラーメンを作るときは、麺のゆで汁を一旦捨てて、スープは別途お湯を新しく用意するひと手間をかけることで、糖分を取り除くことが可能だそうです。)

個人的には、ベトナムの『フォー』が、ゆでた鶏肉とお野菜を一緒に摂れるし、胃腸にも優しそうなので、食べるのを楽しみにしています(注文したばっかりでまだ届いてないので・・・)



テレビでは、卵・ベーコンを使って『カルボナーラ』『トマトとチーズのバジルパスタ』 『エビとアスパラガスのパスタ』 のレシピが紹介されていましたが、低炭水化物ダイエッターとしては、見逃せない情報でした。

というのは、野菜やお肉や魚介、乳製品などのたんぱく質が、しっかり摂れるから。

それに、オリーブオイルも使うので、ヘルシーだし、美容にもよさそう・・・

目にも美しいし、作る楽しみもあるし、コンニャクだけを黙々と食べるダイエットとは違って、何よりも、楽しそうですよね♪

最近『地中海式ダイエット』っていう考え方が、日本でも流行っていますが、日本とイタリアって、食事の好みや考え方的に相通じるところがあるのかもしれませんね。


このコンニャク麺『ゼンパスタ(ZenPasta)』、乾麺なので2年持つんだそうで、麺だけでも常備しておけば、食べすぎた翌日のカロリー調整など、心強いサポートになってくれそうですね。




⇒ 『ゼンパスタ日本向けパック・麺のみ』詳細はこちらです







⇒ 『ゼンパスタ日本向けパック・18食』詳細はこちらです