★ブログ記事をお引越ししました。自動で転送されます。★

 

俳優のロビン・ウィリアムズさんが
お亡くなりになったというニュースが配信されています。


「自殺による窒息死」とのことなのですが
詳細は分かりませんが、突然のことで驚きました。


ウィリアムズさんは最近
元々患っていた「うつ病」が重症化していたそうです。


ただ、別の報道によると、この7月には
アルコール依存症の再発を防ぐために
予防的にリハビリ施設に自ら入所していたそうで
生きる意志はあったのではないでしょうか。


先ごろお亡くなりになった理研の笹井芳樹氏も
うつ傾向に苦しんでおられたようですが
なくなった日の翌週に床屋の予約を入れていたという
未確認情報もありました。


こんなに優秀で才能あふれる方々に突然命を絶たせてしまう
「うつ病」という病の怖さと深刻さを改めて感じます。



ロビン・ウィリアムズさんは私にとっては
学生→社会人の時期にかけて
一番映画をたくさん見ていた時に
素晴らしい映画をたくさん世に出してくれた人なので


まだまだお若いですし(享年63歳)
これからジーン・ハックマンやジョン・ボイドみたいな
味のあるいぶし銀の老俳優になって
もっとたくさんの作品で見てみたかったなと
とてもショックで残念に思います。



映画『いまを生きる』のキーティング先生は
自由と命の素晴らしさを
活き活きと説いてくれましたが


生きることが喜びの時もあれば
現実は、生きることが負担になるときもあって

人生は人それぞれ色んなことがあって
一筋縄ではいかないものなんだな、と改めて思いました。


ウィリアムズさんのご冥福を心よりお祈りしています。






いまを生きる [Blu-ray]







 

JUGEMテーマ:今日のキーワード