★ブログ記事をお引越ししました。自動で転送されます。★

 

レナード・ニモイさんの訃報を、ニュースで見て
また、昔見た懐かしい顔がこの世を去られたのか、と
とても寂しく残念に思いました。

…と言っても、今の若い方はご存知ないかもしれませんね。

子供の頃見た、『スタートレック』で
一度見たら絶対忘れられないキャラクター
ミスター・スポックの役を、やっておられました。


『スタートレック 宇宙大作戦』スポック
ブロマイド写真【Amazon】



で、最近はお見かけしなかったなぁ〜、と思っていたら
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』で
センチネル・プライムの役の声優さんとして出演されていました。

あの、イカつい消防車からトランスフォームする
真っ赤な先代のプライムですよね。


全然知らなかった!(驚)

お顔はもちろん、声も渋くて個性的だったんですね。

最近、ここまで個性的すぎる俳優さんって
あまり見かけなくなったので、寂しい限りです・・・


さて、タイトルにもあげましたが
今日のメインのお話は『レナード』のお名前について。

レナード・ニモイさんの、お名前の綴りは
Leonard Nimoy』なんですが

Leonard』って、アメリカではレナードですが
レオナルド』って表記されることがあったりしますよね。

例えば、レオナルド・ディカプリオなんかは
Leonardo DiCaprio』なんですが

じゃあ「o」が名前の末尾についてたら『オナルド』で
「o」が付いてなかったら『レナード』なんじゃね〜の?
と、結論付けたくなったんですが

格闘家のレオナルド・ガルシアは『Leonard Garcia』で
名前の末尾に『o』が、付いていないんです。


同じ綴りで『Leonard(レオナール)』っていう
フランスのブランドがあったりしますし
例えば『マイケル』と『ミカエル』みたいに
名前って、国によって、読み方が違いますよね。


だから、同じアメリカでも、ご先祖の出自によって
(例えばイタリア系のお家とか、フランス系のお家とか)
お家の方が、好きに読み方を決めてよいんだろうな〜と
なんとなくは、察しがつくんですが、


レオナルドって、国や民族を超えて付けたくなる名前なのかなぁ?と
今日はそんな、どーでもいい細かい事が気になりました。


レオナルド、という名前の起源は諸説あって
どれが正しい、というのはないそうなんですが
私が調べたところでは、【ライオン説】と【聖人説】が有名どころ。
(参考サイト:『教えてgoo!』・レオナルドの意味は?
『Wikipedeia』・レオナルド


まず、【聖人説】は、5世紀にヨーロッパにあった
フランク王国の守護聖人、聖レオナルド・ノブラックが由来とか。

ライオン説説は
古いドイツ語の、"levon"「獅子」と"hardu"「頑健な」が由来とも、
ラテン語 "leo" 「ライオン」とゲルマン語 "harti" 「堅い」
の組み合わせが由来とも、諸説あるそうですが
くだけた表現をすると『めっちゃ強いライオン』みたいな感じかな?

で、地域別・言語別の読み方は、下記の通り。

英 語  ・・・  レナード
ドイツ語 ・・・  レオンハルト
フランス語 ・・・ レオナール
イタリア語 ・・・ レオナルド
スペイン語 ・・・ レオナルド

レオンハルトって、ゲームキャラみたいでカッコいいですね♪
(実際、レオンハルトってキャラ、いますし)

という訳で、いろいろ調べた結果
『レオナルド(レナード)』という名前は
昔の聖人の名前だったり、強そうなイメージの名前
ということが分かりました。

日本人的には、宗教上の聖人の名前を
子供につけたりする人は、少ないですが
(鑑真とか、最澄とかいう名の子供、あんまりいませんね(笑)
空海は、なんとなく居そうな感じはしますが・・)

強くたくましく育ってほしいという願いを込めて

男の子の名前に『獅』とか『虎』とか『龍』など
強そうな動物の字を、入れたりする感覚に近いのかもしれません。

子供の健やかな成長を願う、親の気持ちというのは
どこの国も同じなのですね(^o^)



【2015年11月17日・追記】スターの名前の語源シリーズ、追加しました。
よろしければ、こちらの記事もどうぞ♪

『『ハッセルホフさん』は、なんで『ホフ』じゃなくて
『ハッセル』を取りたかったのか、語源を元に勝手に想像してみた(笑)』




 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL