★ブログ記事をお引越ししました。自動で転送されます。★

 

実は私、最近まで知らなかったんですが
『ブルドック』というのは、イギリスの国犬なんだそうですね。

最近、【Royal Doulton】が、007『SPECTRE(スペクター)』の映画とタイアップして制作された
陶器製の置物『Jack』が、ヤフオクでも、時々出品されています。


【写真&情報】
【Royal Doulton】が、007『SPECTRE(スペクター)』『Jack』より


元々、闘犬なので強いのは勿論ですが、『粘り強い』ことが、他の犬よりも抜きん出た長所で
イギリス人が心に持ち続けたい【永遠に強い、イギリスという国】と
【粘り強く頑張り屋さんの、イギリス人】の、誇りの象徴&拠り所なのかもしれませんね。

007の映画でも、机の上の置物『ジャック』は、MI6が爆破されても、ちゃんと残っていましたし。
(正確に言うと、残ったというより「修理されて復活した」かな?)

この陶器の置物は、前回の2012年の映画、007『SKYFALL(スカイフォール)』の時にも制作されましたが
今回のジャックは、2012年のものよりも、色合いがきれい目に作られているそうです。

比較対象がないので、色の鮮やかさについては、正直よく分かりませんが
この、まぁ〜るい背中が、何ともまぁ、可愛すぎて・・・(笑)




ちなみに、イギリスのお隣のフランスの国犬は、『プードル』なのですが
日本の国犬は、何かご存知ですか?

『柴犬』だと思ったアナタ!

私と同じですが、ハズレです(笑)

実は、『狆(ちん)』という犬が、日本の国犬なんだそうですよ。



そういえば、時代劇で、お殿様とかお姫様が抱っこしてる犬って、こんな子ですよね。

耳とか首に、高級そうな、帯地っぽい赤いリボンとか結んでもらって、大奥のコワい人に抱っこされてたり・・・

徳川綱吉が出てくるドラマでは、必ず江戸城内を自由にウロウロしてる光景がデフォルトだったり・・・

(イロイロ、時代劇の見すぎか(笑))


ただ、前出のブルドックみたいに、性格も『その国の人特有の長所』を象徴していてくれると、より愛着がわくのですが
『狆』は、「日本が原産」てだけでは、あんまりピンと来ないのが、私的に残念。

ちなみに、『狆』の性格は、賢くて、誰とでも仲良くできて、おとなしいこと。

狭い室内で飼うのにピッタリで、その昔、【室内で飼える獣】だから、『けもの偏』に『中』と書く『狆』と名づけられたそうで・・・

狭い島国で、お互いに気を使い合いながら、穏やかに暮らす日本人の気質を、うまく表してくれると言う面では、『国犬』としてふさわしいのかもしれませんね。

私的には、『てっぺんハゲの落ち武者』に見えて、あんまり好きな犬種ではないんですが(笑)
(『狆』ファンの方がご覧になっていたら、大変申し訳ありませんm(_._)m)


話をヤフオクに戻すと、今、『九谷鏑木製 金彩色絵子犬狆遊戯置物』が、出品されていて
入札数では、ロイヤル・ダルトンのブルドックに全然負けてない位の人気になってます。


【写真&情報】
九谷鏑木製 金彩色絵子犬狆遊戯置物 共箱

↑そうそう!
↑こんな、帯地っぽい赤い布を首に巻いてもらってるイメージが、『狆』には、あるんですよね(笑)

藤原北家・勧修寺流の公家『勧修寺家』の所蔵品だった、箱書きが、付いています。

ものすごく由緒ある置物ですよね。

どちらのオークションも、成り行きを見守りたいと思います。


日本も、イギリスも、歴史が古かったり、島国だったり
王室・皇室があったり、と、共通点が多いのですが
千年以上前の、かなり古くから、日本人にとっても犬がお友達だった、
という事実を知り、犬好きとしては、ちょっぴり嬉しい管理人なのでした♪