★ブログ記事をお引越ししました。自動で転送されます。★

 

『口永良部島』で、9時59分ごろ、爆発的噴火があったとか。

『口永良部島』って島の存在、恥ずかしながら、今日始めて知りました。

スマホに号外が来たんですが、『口永良部島』を見た時、「くち」が、強調のための「しかく」の記号かと思っちゃいました。

『くちのえらぶじま』って読むんですね。


島には、78世帯、118人の方が住んでおられるんですが、島外へ全島避難が決まりました。

たまたま種子島に停泊して、荷物の積み下ろしをしていたフェリー『太陽(たいよう)が、『口永良部島』に向かうそうです。


(画像は、『ふるさと種子島ネット』より引用)

一旦、『屋久島』に戻って、改めて『口永良部島』に向かうそうで、片道1時間40分。

通常100人乗りだけど、最大150人まで乗れるので、島民全員が乗船でき、この1回だけで避難完了するそうです。

全員で避難できる船が、隣接の島にいてくれたのは、不幸中の幸いでした。


ただ、あれほどの爆発的噴火が狭い島で起こっているので、島民の方にとっては、とても長い『1時間40分』になると思います。

なんとか全員ご無事で、島を脱出されることを、お祈りしています・・・。



防災用・折りたたみ ヘルメット ブルーム


 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL