★ブログ記事をお引越ししました。自動で転送されます。★

東大野球部の連敗が、「94」で止まりました。

負け続けること、実に4年半。

ってことは、学生時代を通して、一度も勝てないまま卒業した先輩もいたんでしょうね。

六大学から外されるかもしれないなどと言われながら、諦めずによく頑張りましたよね(拍手)

で、今朝の『モーニング・バード』で、東大野球部監督・浜田一志さんについての話題が、取り上げていました。

浜田さんは、高校3年生のとき、偏差値38から、東大理兇妨縮鮃膤福

社会人になってからは、脱サラの後、塾を経営されていたそうで、2012年11月に東大・野球部の監督に就任されました。

ご自身の経験をまとめた本も、出しておられます。


偏差値30から東大に合格する勉強法 [ 浜田一志 ]



東大が勝った原因の一つとして、監督が全国各地を回り、有望な選手を見つけて、「東大に合格する勉強法」をアドバイスしながら、積極的に部員を勧誘したんだとか。

回る学校は、全国200校以上の進学校。

東大は国立大学なので、スポーツ特待制度や推薦制度がなく、地方の有名選手やスター選手を集めることができないんです。

なので監督は、高校3年で野球部を引退した有望な学生を、夏の学習合宿に参加させるんですが、そこでの指導方針は以下の通り。
 
・授業を、ちゃんと聞く
・絶対に、睡眠時間を削らない
・受験のために、部活をやめるのは、絶対にいけない

東大が勝ったニュースがメインだったので、紹介された勉強法はこれだけ。

石原良純さんや、羽鳥さんは、「勉強法をもっと詳しく知りたい!」っておっしゃってましたし、もちろん、私も、子供を持つ親として、知りたかったです(笑)

なので独自に調べました。

ただ、やはり、掲げている理論は至ってシンプルで、「ちゃんと体を動かして、たっぷり寝て、学校に行っている間は授業をしっかり聴くこと。」

具体的には、1日24時間の配分が、下記の割合になることが理想なんだそうです。

『睡眠・9時間』 + 『学校の授業&自宅学習・7時間 : 部活が5時間 : 自由時間・3時間 』

これを、「753の法則」と名づけて、塾生を指導しているそうです。

なので『モーニング・バード』が、詳しい勉強法を紹介してくれなかったんじゃなくて、逆に、この「753の法則」が全ての基本なんですね。

深いと思いませんか?

人は皆、短期間で成績が上がったりすると、何か秘策があるに違いない、それを知りたい!って思うものなんですが、一番大切な部分の「本質」というのは、至ってシンプルなんですね。

逆に言うと、そのシンプルなことすら、ちゃんとできてないのに、秘策を探し回るのに一生懸命な人が多い、ということなんでしょうね。

これは、ビジネスの世界でも全く同じで、「短期間で●●万円稼げる」とか「遊びながら不労所得を得る」とかいう広告に飛びつく人が多いんですが、結局は、自分で自己管理して手や体を動かすしかないけど、それには心身ともにベストなコンディションを保つことが必要、という「本質」に最終的にたどり着くのと同じ。

親として、一社会人として、心が引き締まる思いです。

受験生本人の努力はもちろん、家でゆっくりくつろげる工夫をしたり、美味しくて栄養のあるものを作ってあげたり、親自らが夜更かししない、とか、家族の理解と応援も大切ですね。


あと、追加の情報としては『あきらめないこと』と『実際にやってみること』

(『あきらめないこと』と『実際にやってみること』を続けることで、得られるかもしれない別視点については、以前の記事でも取り上げました。
よろしかったら、こちらの記事『『メン・イン・ブラック3』・地上波初放送を見て』も、併せてどうぞ(別ウィンドウで開きます。))

可能性が無限大の高校生には、特に大切な要素かと思いました。


それから、『あきらめないこと』とか言いながら、こんなこと書くと、萎えちゃう方がおられるかもしれませんが、追加情報として。

浜田監督が卒業した『土佐高校』は、高知県でもレベルの高い高校で、偏差値38、合格判定E、というのは『東大模試』のことなんです。

決して、どの高校の人もまんべんなく受ける一般の模試じゃなくて、「東大を目指している人、しかもその中でも、模試を受けちゃう位本気度の高い人の中で、偏差値38」なんですね(笑)。

これを「やっぱ、元々の地頭がよくないとダメなんじゃん!」と諦めるか、「いや!諦めない心があれば、必ず夢はかなう!」と奮起するか。

パワーあふれる高校生諸君には、ぜひとも、後者を選んでほしいと思います♪




↓中学受験の参考書も執筆されてるんですね。意外です。

中学受験算数の文章題解法パターンまる覚え100 [ 浜田一志 ]





偏差値30から東大に合格する勉強法 [ 浜田一志 ]

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL