★ブログ記事をお引越ししました。自動で転送されます。★

今、金曜ロードショーで『ナイト・ミュージアム』を
放送しているんですが、



アメリカの第26代大統領、セオドア・ルーズベルトが
警備員の仕事をたった1日で退職しようとしている主人公・ラリーに
言った言葉が、ものすごく心に響いて
ブログを、書かずにいられなくなりました。

「ある者は生まれながらにして偉大。それ以外は強いられて偉大になる。
君にとって、これが偉大になるチャンスだ。」


というセリフなんですが、この映画、何度も見てるのに
今迄、これほどまでに印象に残ったことがありませんでした。

このセリフを言ってるのが、ロビン・ウィリアムズだからか
余計に心に響きます。

前回この映画を見た時は、まだご存命でしたし・・・
(ロビン・ウィリアムズの、訃報について書いた記事はこちら


今、ちょうど、個人的に仕事が過渡期に来ていて
自分自身にあれこれダメ出しをしては、悩む、みたいな
永遠のスパイラルから逃げ出せなくなっていて
もはや自分へのダメ出しが、ライフワークと化しつつあり
そんなこんなで、このセリフがやたら心に響いたのかもしれません。


そうか〜。

「も〜ダメだ!八方塞がり」って言う状況は
前進のための、貴重なチャンスなんだ〜。

ピンチから学んで、新たに前進するか
立ち止まって後ろを向いて、あれこれ後悔するか
スッパリ諦めて、別の道を探すか・・・

全部、自分の選択次第だし、どの道が正しいとか間違ってる
とかいう問題じゃないんですよね。

で、そんな日々の選択と学びを通して、人は成長していく・・・

「ある者は生まれながらにして偉大。それ以外は強いられて偉大になる。
君にとって、これが偉大になるチャンスだ。」


目から鱗の学びでした。




それにしても、ロビン・ウィリアムズの演じるセオドア・ルーズベルト、
本物そっくりでしたよね・・・


セオドア・ルーズベルトの生涯と日本―米国の西漸と二つの「太平洋戦争」




 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL