5月に発売される、創風機「Q(キュー)」、テレビで話題になってますね。

パナソニックの新商品で、送風機+扇風機だと説明されないと、何の機械なのか絶対に分からない形状なんですが・・・


パナソニック 創風機Q [F-BL25Z]


まわりの空気を巻き込み、勢いのよい風を効率的に、しかも真っ直ぐ出すには、こういった丸い形状がよいんだとか。

後ろの吸気口と、サイドの4つの穴から風を取り込んで、取り込んだ空気の7倍の強さの強風から、当たっても体が冷えない微風まで、自在につくりだすことができるそうです。

不思議ですよね〜。



長野県蓼科の高原にふく、そよ風を解析して、その強弱まで忠実に表現したそうで、運転中もセンサーの働きで、自動で風が強くなったり弱くなったりします。

この、自動で強弱がつく、自然に近い風に「1/f ゆらぎ」の機能が搭載されていて、体を冷やしすぎず、心地いい程度の優しいそよ風が、家の中でふくんですね。

そうか〜。
だから「送風」じゃなくて「創風」なんだ・・・

価格はオープンプライスなんですが、だいたい4万円前後が予想されるそうです。
(アマゾンや楽天では、43,200円で予約受付中でした。)

これからの夏の季節はもちろん、冬の暖房効率を高めるサーキュレーターにも大活躍してくれそうなので、1年中使える家電なら4万円出しても買うぞ〜、って方もおられるでしょうね。

私も、空調の冷風でよく体調を崩すので扇風機は大の苦手なんですが、そよ風のような微風がランダムに吹く機械ならほしいな〜と思いました。


パナソニックの技術者さんは、100年はデザインが変わらないであろう、と言われていた扇風機の分野に、新しい挑戦をしてみたかったそうで・・・

Panasonicも含め、国内の電化製品メーカーは最近、韓国や中国のメーカーに押されて元気ないんですが、こういった細やかな感性と高い技術を組み合わせて、もっといろいろ挑戦してほしいですよね。






 

この映画は、本当に面白かった・・・

お気楽な映画だし、MIB2がイマイチだったので全く期待していなかったのですが、子供と一緒に見ていて、ラストあたりで、うっかり子供の前で涙してしまいそうになりました。

何がよかったのかを説明するとネタバレになるので(観た人は、どこでうっかり子供の前で私が泣きそうになったのか、分かるだろうし)、この映画で一番心に響いたセリフを取り上げたいと思います。
(一部、ネタバレに近い部分もあるのでご注意ください。)


メン・イン・ブラック3 [Blu-ray]


それは、トミー・リー・ジョーンズ演じる、エージェントKの『宇宙で最も危険なものを知っているか?』という問いと、その答え。

『砂糖か?』と、ジョークをかますエージェントJに、Kが『後悔だ。』とキッパリ言い切るんです。

私は常々、「やらないで後悔して一生引きずる」か、「やって後悔して自己嫌悪にのたうち回る」か、だと、どっちがいいのかな〜と、考えることがあるんですが、やらないで後悔する方が「取り返しがつかない」「後戻りしてやり直せない」という点で、よりダメージが大きいのではないか、と、近年やっと、自分なりの結論を出すことができました。

でも結局、勇気がなくて、やらないで後悔することが、圧倒的に多いんですけどね・・・

だから、Kのセリフに、一瞬、ドキッとしちゃいました。


あとは、5次元存在である宇宙人・グリフィン目線でのセリフも、学ぶところが多かったです。

グリフィンが、ストーリーを通して何度も繰り返し語ったのは

・「奇跡なんてないように思えるけど、起こること」
・「全ては可能なこと」
・「最後まであきらめないこと」


3次元では、昨日と今日と明日は別の時間ですが、5次元では、昨日も今日も明日も同じ瞬間に存在していて、そして、あらゆる可能性や、その可能性をチョイスした場合起こりうる結果も、今現在、同時に存在しているんです。

だから、グリフィンは、全てが瞬時に見通せて、3次元世界の我々には、それを「予知能力がある」という風にしか解釈できないんですが、「予知」ではなく、一瞬一瞬の全てが同時に存在しているるだけなんです。

だから、「奇跡につながる選択肢」を自分が望んで「最後まであきらめない」という選択のもとに一瞬一瞬を大切に生きていると、望むことの「全ては可能」になるんです。

なんだか生きる希望が湧いてくるお話で、映画を見ていてワクワクしてしまいましたきらきら


で、ここがさらに面白かったんですが、Kやグリフィンの言う、「過去の自分の選択と行動が今の自分の全て」、というメッセージとは真逆の、「自分自身の選択・行動が、どこの誰とも知らない赤の他人にも大きな影響を与える可能性がある」という、もう一つの可能性の出現。

これは、よく言われる「バタフライ効果(南米で蝶がはばたいたら、北米で竜巻が起こる、みたいな)」のことだと思うんですが、MIB3の中では、「チップを置き忘れる」という出来事が、「小惑星の地球の衝突」につながる可能性として出てきます。

「チップを置くのを忘れたら、小惑星が地球に落ちる」

「思い出してチップを置きに戻ったら、小惑星が人口衛星と衝突して地球は難を逃れた」

というシーンが出てくるんですが、自分の行動が自分の人生にのみ影響を与えるのかと思いきや、世界や、はては宇宙まで繋がっていた、という壮大なお話でした。


この映画は、3次元を超越した視点からの名言が数多くあり、コメディ映画だと思ってみていたら、人によっては脳天にガツンと一発くらわされるようなタイムリーなセリフ(メッセージ)を投げかけられる可能性があります。

MIBがすごく面白かったのに、MIB2がイマイチ(というか好みの分かれる映画)だったので、MIB3の時は劇場まで足を運ぶ、という選択肢はなく、地上波での公開を待っていたんですが、こんなに面白いんだったら、劇場に行けばよかったと思えるほどいい映画でしたきらきら


【後書き:グリフィン的思考について思うこと】
グリフィンの生きる5次元的思考は、最近、自己啓発系や引き寄せ・願望実現系、スピリチュアル系の書籍が巷にあふれかえり、すっかりおなじみになりましたね。


こうして、思考は現実になる



ところが、こんなに書籍があふれかえっているのに、とんとん拍子に願いがかなう、グリフィンの言うような「全ては可能」な状態には、ならないんですよね・・・

すごく不思議なんですが、あれこれ難しく考える思慮深い真面目な人よりも、深く考えないでとりあえず動くお気楽な人(又は純粋で素直な人)の方が、いとも簡単に成功しちゃうことがあります。


なぜ、あなたの思考は現実化しないのか?



グリフィンも言ってましたが、とにかく「信じること」と「実際にやってみること」、勇気を持って自分の信じる道をチョイスしていくことが、願望実現のコツのようですスマイリー

実は私も、考えすぎて前に進むのが難しいタイプの人間のうちの一人なんですが、グリフィンの教えの通りに、ちょっと動いてみるかな〜、春だしぃ〜桜みたいな、ワクワクな気持ちでいる今日この頃です♪



【映画の名言シリーズ・前回の記事】
『ナイト・ミュージアム』のセオドア・ルーズベルト大統領の名台詞が、今日は妙に心に響いた件



 

昨夜、天皇・皇后両陛下が、パラオから帰国されました。

皇太子殿下、秋篠宮殿下に続き、安倍首相夫妻が空港でお出迎えをされていましたが、昭恵夫人が身に着けていたネックレスが気になったので、今日は、ちょっとその話題。

(あのネックレスはけしからん!とか、決して批判や文句ではなく、真珠の二連ネックレス、特にロングネックレスが、厳かな慰霊の旅から帰国された天皇陛下をお迎えする場にふさわしいかどうか、という、単なる個人的疑問です。)

1泊2日の超過密スケジュールを気遣うような、夫人の優しい笑顔には好感が持てましたが、深々とお辞儀をした際に、スーツから二連のロング・パールネックレスが、ぶら〜んと垂れ下がってきたので、すごく目につきました。


というのは、私はそういった、マナーや作法に、正直あまり詳しくないんですが、パールの2連ネックレスは、慶事の場ではOKだけど、弔事(又は、お悔やみ事)ではNG、と教えられた記憶があるからなんです。

皇室の方も、園遊会や、一般参賀で、2連のネックレスを身に着けておられるのを時々拝見しますが、慶事じゃない場での、2連のネックレスは記憶にないんですよね。

まぁ、今回は「慰霊の旅」なので、正確に言うと「弔事」ではありませんので、正直いいのか悪いのかよくわからないんですが、急な不幸ごとでもなかったので、周りの方のファッションを事前調査して、参考にする時間の余裕はあったと思うんです。

実際、皇后陛下も、ダーク・スーツにパールの1連ネックレスでしたし、安倍首相夫妻の次にご挨拶されていたご夫妻の夫人の方も、ダークスーツに黒真珠の1連ネックレスでした。

なので、なおさら、2連のパール・ネックレス(しかも超ロング)はあの場には似合わないし、深いお辞儀をする際に邪魔だし、何よりも、エレガントでないような印象を、個人的に受けました。


思えば、弔事(や、その他のお悔やみ事)って、慶事よりも装いに気を遣うので、女性は何かと大変ですよね。
(男性には、この苦労、分からないかも・・・(笑))

私も、常識や見解の違いが人それぞれあるので、アレコレ考えるのが面倒で、弔事の際には、一切アクセサリーをつけないことにしてるんです。

が、それでも大チョンボをして、ひんしゅくをかってしまったこともありました。

その昔、親戚からの急な訃報を受けた時、大急ぎで用意して駆けつけたんですが、翌日の葬儀用に、と持参したカバンに、金属のワンポイントの小さな留め金がついていて、親から別室に呼ばれ、激しく叱責されたことがありました。

親戚は、「あまり完璧だと、準備していたように思われるから、ちょっと外しちゃった〜ってことがあってもいいんだよ」と助け舟を入れてくれたんですが、結局、見知らぬ田舎町で近所にあったオッサン向けのスーツ屋さん(笑)に出向いて、急きょ冠婚葬祭用のクラッチ・バッグを買い求めたことがありました。

恥ずかしながら、「皮革は避ける」までは頭にあったんですが、カバンの小さなワンポイントまで頭が回らなかったんです。

でも、翌日の実際の葬儀には、革製品で金具のあるバッグを持っている人や、光沢のあるバッグやハイヒールを身に着けている方が、普通におられて、私も当時は若かったので「なんだよ〜、あそこまで怒られる事なかったじゃんかよ〜!」って、ちょっとフクれたりしたんですが、年を取ればとるほど年々、葬儀に出席する機会も増えつつあり、今は口やかましい親に感謝しています。

あんなに口やかましい母を、面倒くさく、疎ましく思っていたのに、人様のつけているアクセサリーに難癖をつけるようになったとは、私も、年を取ったものです(恥)。

ただ、実際葬儀を出す側に回ると、どんな装いでも、故人のためにわざわざ足を運んでくださる、ただそれだけで、そこにはもう感謝の想いしかないんですけどね。

だから今回は、寒い中、空港でお出迎えした昭恵夫人のお心だけで、もう十分で、「ネックレス、あれでいいの?」と言っている私の方が、間違っているのかもしれません(笑)


話は飛びますが、震災の前だったので、確か2011年だったと思うのですが、当時の総理・菅直人氏の夫人・伸子さんが、喪服にパールの二連ネックレスをしていて、ビックリした記憶があります。

しかも、葬儀の帰りに夫妻でスーパーに立ち寄って、喪服のまま食材の買い物をしておられて、目がテンになりました。
(葬儀の後の寄り道はマナー違反と、親から教えられていたので)

公人(の妻)、しかもある程度お年を召した方でもあんな有様なので、もしかしたら、世間の常識も、年々柔軟に変化していっているのかもしれません。

葬儀に来ていただく側になったら、それほど人様の服装にまで意識が回らないけど、テレビで傍観する側になると、すっごく気になるのが、弔事の装い。

時代や流行、常識の変化に合わせて、自分の中の常識もちゃんと、柔軟にバージョンアップさせていかないと、と思いました。




ある程度の年齢になっても恥ずかしくないサイズのネックレス

【上質アコヤ本真珠セット・8〜8.5ミリ】





 

天皇・皇后両陛下の、今回のパラオ訪問。

お風邪を召されて、その後のご体調が心配でしたが
20年来の悲願の訪問を遂げられたからか、穏やかなお顔で安心しました。

とはいえ、今回の訪問予定は、かなりのハード・スケジュールで
宮内庁のHPによると、以下の通り。


4月8日(水)
東京 御発 
バベルダオブ島 御着(パラオ国) 
コロール島 御着

4月9日(木)
 ペリリュー島 御着 
バベルダオブ島 御着 
同地 御発 
東京 御着


80歳を超えるご高齢の方が、日本からパラオに、一泊二日って・・・(汗)

しかも、宿泊は、『船』

移動や、警備の利便性など、パラオへの負担を考慮して
海上保安庁の巡視船『あきつしま』の、船長室を改造したお部屋に、宿泊されたそうで。

船内って、揺れるし、階段や段差が多くて
歩くときコケそうになったり、足腰に力いりますよね。

船内で、快適に過ごされたかどうか分かりませんが、疲れはたまると思います。

どうかご無理をされないよう
帰国後は、ゆっくりお休みいただきたいものです。

全く個人的な意見で恐縮ですが、外国訪問は
皇太子夫妻に、お任せになってもよい頃かもしれないですね。
(まぁ、『夫妻』そろって名代が勤められるかどうかは、微妙ですが・・・)




パラオ・ロイヤル・リゾート

パラオにある、2005年にオープンしたホテル【パラオ ロイヤル リゾート】
ビックリする位、海がキレイです。

⇒ パラオ ロイヤル リゾートの詳細はこちら




 

今、金曜ロードショーで『ナイト・ミュージアム』を
放送しているんですが、



アメリカの第26代大統領、セオドア・ルーズベルトが
警備員の仕事をたった1日で退職しようとしている主人公・ラリーに
言った言葉が、ものすごく心に響いて
ブログを、書かずにいられなくなりました。

「ある者は生まれながらにして偉大。それ以外は強いられて偉大になる。
君にとって、これが偉大になるチャンスだ。」


というセリフなんですが、この映画、何度も見てるのに
今迄、これほどまでに印象に残ったことがありませんでした。

このセリフを言ってるのが、ロビン・ウィリアムズだからか
余計に心に響きます。

前回この映画を見た時は、まだご存命でしたし・・・
(ロビン・ウィリアムズの、訃報について書いた記事はこちら


今、ちょうど、個人的に仕事が過渡期に来ていて
自分自身にあれこれダメ出しをしては、悩む、みたいな
永遠のスパイラルから逃げ出せなくなっていて
もはや自分へのダメ出しが、ライフワークと化しつつあり
そんなこんなで、このセリフがやたら心に響いたのかもしれません。


そうか〜。

「も〜ダメだ!八方塞がり」って言う状況は
前進のための、貴重なチャンスなんだ〜。

ピンチから学んで、新たに前進するか
立ち止まって後ろを向いて、あれこれ後悔するか
スッパリ諦めて、別の道を探すか・・・

全部、自分の選択次第だし、どの道が正しいとか間違ってる
とかいう問題じゃないんですよね。

で、そんな日々の選択と学びを通して、人は成長していく・・・

「ある者は生まれながらにして偉大。それ以外は強いられて偉大になる。
君にとって、これが偉大になるチャンスだ。」


目から鱗の学びでした。




それにしても、ロビン・ウィリアムズの演じるセオドア・ルーズベルト、
本物そっくりでしたよね・・・


セオドア・ルーズベルトの生涯と日本―米国の西漸と二つの「太平洋戦争」




 

NY不動産王の御曹司・ロバート・ダースト氏は
長年、未解決殺人事件への関与が疑われてきましたが

ドキュメンタリー番組の収録中に、マイクをつけたままトイレに行き
そこで呟いた『もちろん全部自分が殺した』
という独り言が録音されて、それがきっかけで逮捕されたんだそうです。

なんか、『もちろん全部自分が殺した』という訳が
文章っぽくて、イマイチ実感がこもらないんですが
Yahoo.comのニュースを見ると、原文が掲載されています。
 


"There it is. You're caught!" Durst whispered to himself before running the tap water.
"What the hell did I do? Killed them all, of course."
 

【参考&引用:Yahoo.com】
Millionaire Robert Durst faces murder charge after broadcast


トイレの後、洗面台で鏡を見ながら
自分に話しかけるシチュエーションが、ドラマや映画でありますよね?

想像するに、あんな感じでしょうか?

鏡の中の自分に『俺がやったかって?もちろん、みんな俺が殺したさ。』
って、つぶやいたのかもしれません。怖いですね〜(汗)

でも、その前に『There it is. You're caught!』とも言ってるんで
今回、番組がきっかけで、急にヤケになった訳ではなく
いつかは捕まるかも、という不安を抱えながら生きてきたのかも・・・

殺された人が、無念な思いをしていることはもちろんですが
殺していながら、長年シラを切り続けた人も
きっと、心安らぐ人生を送れてはいなかったでしょうね。

なんか、すごいドラマですよね。


でもドラマといえば、この方の奥さんの失踪事件、実際、映画にもなっていて
日本公開が遅れに遅れて機を逸したのか、イマイチ盛り上がりませんでしたが
アカデミー賞俳優候補にもなったことのある、ライアン・ゴズリングと
『スパイダーマン』のヒロイン、キルステン・ダンストが出演しています。

非常によくできた映画なのに、マイナーでもったいないです。


幸せの行方... [DVD]


公開当時は、『未解決事件』の扱いでしたが
今となっては、また違う目で映画を見ることができますね。

ほぼ、実際のお話に沿ったストーリーなので
ご興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。
無料で視聴する方法もありますが、それは後ほど・・・)

氏の人格形成に、大きな影響を与えた父親との関係や
幼少期の母親に関するトラウマなど、詳しく描かれています。


ネタバレになるので、詳しくは言えないのですが、個人的な感想を一言だけ。

『自分のすべてを肯定してくれる』女性と結婚して、幸せになれるはずが
他でもない自分自身が、『自分のすべてを否定し続ける』人なので
そのうち『お前といると本当の自分でなくなる』になっていくんですよね。

一番の理解者のはずだった、最愛の人に
キレまくるようなっていくプロセスに、胸が痛む映画です。


で、この映画、アマゾンでも、DVDが入手できるんですが
実は、dビデオなら、今すぐ無料で視聴できます。

↓ちなみに、私のスマホの画面です。
↓アプリ内で、『幸せの行方・・・』で検索すると、出てきます。


会員でない方も、会員登録すれば、初回31日間無料で
スマホやタブレット、TVやパソコンでも視聴できます。
(ドコモと携帯の契約をしていなくても、会員になれるんですよ♪)

『幸せの行方・・・』
今週末の自宅映画鑑賞に、いかがですか?

(ちょっと後味悪い映画だけど、今、旬の話題ということで・・・(笑))


【初回31日間無料】テレビ、パソコン、タブレットでも見放題の
動画配信サービス「dビデオ」はこちらです⇒







 

今朝のテレビ『モーニングバード』で見たんですが
トイレでの、『男性の立ちションを禁止するステッカー』が
今、とても売れているんだとか・・・

居酒屋さんなど、飲食のお店を中心に人気なんだそうで
確かに、このステッカーでトイレの汚れが軽減できたら
お店としても助かりますよね・・・

番組では、洋式トイレにお水をジャ〜と入れて
立ちションに見立てた実験をしていましたが、
けっこう周りに飛び散ってて、ビックリしました。

ちなみに、男性のトイレスタイル・2013年の調査では
洋式便座でおしっこをする際、座ってする男性は
1999年に15%だったのが、2013年には55%にまで増加してます。

家では、奥さんやお母さんがうるさいので座ってするけど
外では立ってする、という方も多かったですが
それにしても、座っておしっこをする男性が過半数だなんて
時代は変わったんだなぁ〜、と、思いました。

で、このステッカー。
品薄で生産が追い付いていないと言っていましたが
アマゾンでは、普通に販売していました。

・円形の立ちション禁止ステッカー  + ・注意文のステッカー
の2つを組み合わせると、文句を言わせぬカンペキな表示を実現

なんだそうです(笑)。


ということは・・・


男性トイレマナーステッカー「男は黙って座りション」2枚セット


上記のステッカーと、プラスして


男性トイレマナーステッカー「立ちション禁止円形マーク」


上記の円形禁止マークを貼ると、より効果的なんでしょうか。


【文句を言わせぬカンペキな表示】

って、ステキな表現ですよねwww


で、実際、男性は『本当はどうしたいのか?』
という調査もあり、こちらの方は下記の通り。

座ってしたい・・・・33%
どちらでもいい・・・46%
立ってしたい・・・・21%


かなり、自宅で気を使いながら生活している男性が
多いんですね(笑)

ちなみに、うちは、座ってほしいといっても
絶対に言うことをきいてくれないし、掃除も絶対協力してくれません。

奥様の言うことを、聞いてくれる
やさしい旦那様をお持ちの方が、すごくうらやましいです・・・(泣)



 

昨日民法で放送されていた映画『かぐや姫の物語』
見ごたえありました・・・


かぐや姫の物語 ビジュアルガイド(Amazon)


映画公開当時から、賛否両論あった映画ですが
私的に、後からじわ〜っと来るお話でした。

公開当時のキャッチが『姫の犯した罪と罰』だったのですが
映画では最後まで、何が罪で何が罰なのか、あえて描かれなかったので
モヤモヤした人は多かったと聞きました。

ネットでは、原作を元に、『罪』と『罰』を詳しく解説してくださっている
サイトやブログが数多くあり、非常に勉強になりましたが

端的に言うと、穢れた地球に憧れたことが『罪』で
その地球に降ろされたのが『罰』、ということなんだそうです。

なるほどなぁ、そういうことだったのか・・・

ただ、この『かぐや姫の物語』という映画に関しては、罪と罰は、
かぐや姫が『人間って何?』とか『幸せって何?』とかいう
この世の本質的なテーマを、リアルに体験するためのきっかけで

『罪』になる悪事を働いたから、『罰』を受けさせられる
という、地球人的発想では、全てを理解するのは難しいお話だと感じました。

(実は、私自身も、まだすべてを消化しきれずにいます・・・
多分、一生かかっても、すべてを理解するのは無理かも。
深いお話ですね。)


おそらく、かぐや姫の物語は、【この世の人間の一生を象徴したお話】で
まさに『死』と『再生』の象徴のお話なんだ、と感じました。

なので、飛躍しすぎかもしれませんが
かぐや姫の『罪』から『罰』に至った1つのサイクルも
決して、贖罪のプロセスではなく
人間の『再生(誕生)』から『死』へのプロセスを
シンプルに表現しているのでは?という印象を、個人的に受けました。

だからこの映画を見た人は、自分の中にあるいろんな体験や思いを投影して
心がうち震えるような思いをするのだと思いました。


作中で、かぐや姫が「生きている手応え」に触れるくだりがありましたが
人間、思い通りにはいかないこともあるけど
いいことも悪いことも全部ひっくるめて感じきることが
『私(かぐや姫)』が生きている実感を感じる、唯一の手段だと気づけたのに

ラストで、かぐや姫が、その貴重な記憶や学び(生きている手応え)を
一切合財全部忘れて、月へ旅立ってしまうのが、とてもショッキングで

うちの子供はまだ小さくて、細かい意味など理解できないはずなんですが
最後は、泣きながら見ていました(汗)。

でも、死や別れは、誰も逃れることのできない人生の一部であり
それがあるからこそ、幸せだった時間がより一層輝くんだということ
そして、全て忘れてしまうけれど、魂の奥底にはちゃんと残っていることを
小さな子供には、筋道たてて理解はできなくても
心の端に少しでも引っかかって残ってくれたら、嬉しく思います。


この映画は、私にとって、今年一番の映画になるかもしれません。
(今年、といっても、まだ3月ですが(笑))



かぐや姫の罪(Amazon)






 

会社の昼休み、たまたま入ったのランチお店のテレビで
『徹子の部屋』をやってました。

仕事してると、めったに見れない番組なので久しぶりに見たんですが
いつのまにか、12時からスタートの番組になってたんですね。

で、今日のゲストは、『神田 沙也加さん

途中からしか見られなかったんですが
芸能界をお休みして、アルバイトをしたことがあるとか。

その期間は、2年弱。

2階建てのお店を、一人で回せるようにまでになったそうで・・・

大変失礼ながら、二世タレントさんって
お金の苦労を知らなかったり、世間知らずな方が
たまにいらっしゃいますが

神田さんは、全く違っていて
休業している間も、親のお金をあてにしたわけでもなく
ものすごく、常識的な感覚をお持ちの方でした。

将来、子育てをする時のためにも
自分の手でお金を稼ぐ、という実感と経験がほしかったんだとか。

今も、その時の経験から、歌もお芝居も、アルバイトの時と同じ
「接客」だと思っているんだそうです。

そういえば、アルバイトの話の前に
『アナ雪』について、話していた時にも
アナとエルサの関係性(例えば「妹で」とか)について
サラッと軽く、さりげなく説明を挟んでいたんですね。

あんなに大ヒットした有名な映画なのに
「だれでも知ってるでしょ」的なところがなくて
きっと、まだ見たことない人への配慮だったと思うんです。

家族関係や、学校でのいじめなどで、かなりご苦労された
とは、聞いたことはあったんですが・・・

しっかりしてるなぁ〜(ひたすら感心)

受け答えも、礼儀正しくて、個人的にかな〜り好感度アップでした♪



■2015年2月発売の
神田沙也加さんの『ファースト・スタイルブック』■

私服やメイク、小物などファッションの世界観や、お仕事遍歴なども含め
幼少期から今までを語る、ロング・インタビューと写真が収録されています。

『徹子の部屋』を見て、読んでみたくなりました。


『Dollygirl』・神田沙也加ファーストスタイルブック




 

ドイツのメルケル首相の来日で、10キロ減量の話題が
テレビでよく取り上げられています。

メルケル首相の身長は165センチで、体重は非公表なのですが
そんなに、めちゃくちゃな肥満体でもなかったので
あの体型にして、半年近くで10キロの減量は、かなりの減量ですよね。

なんでも、会議中に出されていたクッキーやサンドイッチ、
肉やチーズが乗っかったパンを、食べるのをやめ
ニンジンやパプリカなどの、スティック野菜に切り替えたんだそうで

手が届くところに、軽食を置かせなかったとはいえ
かなり、意志力が強くないと難しかったんではないでしょうか。
(私なら、たまには食べてしまうかも・・・(笑))


で、個人的にすごくビックリして注目したのは
会議にクッキーやサンドイッチが出される、というくだり。

日本の会議では、あまり見かけない光景です。

調べてみると、もともとドイツでは
各家庭で、日常的にクッキーが焼かれる慣習があって
クリスマスなどイベント時にも、クッキーを焼いて食べる、という
クッキーと、身近に接する機会の多い文化なんだそうです。

なので、必然的にクッキーのレパートリーや種類も多く
日本人が連想しがちな、甘いクッキー以外にも
塩味や、チーズ味や、ピリ辛味のクッキーなどいろんな味があって
「お菓子=子供のおやつ」だけでは、決してないみたいなんですね。

そんな背景があって、会社のミーティングなどでも
お菓子や軽食をテーブルに出すのは、珍しくないことなんだとか。

そういえば、大阪では毎年
ドイツクリスマスマーケットが開催されるんですが
そこにも、クリスマス・クッキーのお店がありました。

ツリーに飾るクッキーや、キャンディ、他にも
美味しそうなお菓子が、いっぱい売ってましたし
ウィンナーやミートボールなんかも、売ってましたが
会議のたびに、あれを食べてたら、そりゃ太るわ・・・って感じですね(笑)

メルケル首相の減量のきっかけは、骨折だったみたいで
私も去年、足を骨折した際に、カロリー計算をした食事に取り組んで
(全く動けないけど食欲はあるから、太る危機感を感じて(笑))
数キロ痩せたんですが、今、また元に戻りました(笑)。

やはり、『世界一忙しい主婦』と言われるだけあって
時間管理や健康管理へのストイックさは
私のような凡人の及ばないレベルなのかもしれませんね。
(いや、お前が自分に甘いだけだよ、というツッコミが入りそう・・・(笑))



 


Search

Selected Entry

Profile

Archive

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2015 >>

Mobile

qrcode

Link

        

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM